カードローンの総量規制について知って置くべき事

貸金業者に対して適用される総量規制の効果は絶対です。この規制を超えて融資をすると、それを実施した消費者金融は罪に問われても仕方がない状況になりますので、利用する消費者としても相応の覚悟を持っておかなくてはいけません。
この規制の基本的な考え方は素人に対しても非常にわかりやすいものになっていて、どの程度で本人の限度額がやってくるのかが容易に判断できます。総量規制によって決められているカードローンの限度額は年収の3分の1であるため、アルバイトやパートであってもこの3分の1の範囲内で限度額を作れば誰であってもお金を借りることができます。事実、アルバイトで定期的な収入があるアルバイトであっても条件をみたすことによって融資を提供してもらうことが法律的にはできるのです。審査基準が簡単になっているのも総量規制によって担保を用意しなくても良いほどに安全性が高められるからであるので、少なくとも一般の消費者が利用する分には銀行のサービスよりも安全性は高いと言っても過言ではないのです。
ただ、カードローンとは言っても銀行の総量規制対象外カードローンに関してはこの限りではないということをしっかりと理解しておく必要があります。カードローンの中でも規制の対象となるのは貸金業の範囲でサービスを提供している会社だけであるため、銀行が提供する融資では限度額というものが存在しません。ですから、銀行のカードローンでは大きな融資である住宅ローンなども認められているのです。

Comments are closed.