すそわきがは生まれつき臭う?

わきがは生まれつき持った体質です。生まれながらにアポクリン汗腺の量はそれぞれですが、その量が多ければ多いほどわきがになるのです。そのため遺伝的要素が大きいものです。しかし、生まれつき持った体質ではありますが、赤ちゃん時代や幼児期には臭うことはありません。男女ともに第二次性成長期になるとホルモンの分泌が活発化し、それに伴ってアポクリン汗の分泌も活発化し、臭いを出していくことになります。アポクリン汗は皮膚の細菌などと合わさって、細菌を繁殖させ独特の嫌な臭いを発生させるのです。そして、このアポクリン汗腺は、脇の下のみならず、乳首回りや耳の中、陰部にも多くあるので、その部分からも臭いを出します。陰部から臭いを発生することをすそわきがと言います。すそわきがも生まれつき持ったアポクリン汗腺の量によるものですが、これもまた思春期の時期あたりから臭い始めます。わきがと同じ臭いがするものですが、すそわきがの場合には蒸れている場所であることからその臭いと混じったり、女性の場合には生理やおりものの臭いと混じったりするため、わきが臭とは少し違う臭いになる場合もあります。すそわきがの対処法としては、清潔にすることが第一です。通気性の良い下着などを使用したり、汗をかいた後はウェットティッシュでふき取るなどの細やかな対応は有効です。また、すそわきが専用のクリームなどもあるので、そういったものを利用することで臭いを抑えることもできます。専用クリームには、消臭効果のある成分や細菌の繁殖を抑制する成分が配合されているので非常に効果が高いです。生まれつき持った体質ではありますが、思春期を過ぎたころからしっかりと対策をとっていくことで、臭いの発生は抑えられるのです。
http://suso-wakiga.com/

Comments are closed.